Página web de la asociación GIDE

GIDEおよびスペイン語教育関係のお知らせ

12月の会合

日時:12月15日、17:30

場所:上智大学、6号館、605号室


Talleres de la profesora Inmaculada Martínez, viernes 27 de octubre y sábado 28 de octubre.

El viernes 27 de octubre se celebrará el taller para los miembros de GIDE en la Universidad de Waseda (campus de Toyama, edificio 33, sala 10 en la 16ª planta, de 18:00 a 20:00), con el título Intervención educativa en estilos de aprendizaje: cómo mejorar el perfil cognitivo del estudiante japonés de ELE.

La conferencia del sábado 28 de octubre, titulada Gramática inductiva, lingüística de corpus y estilos de aprendizaje del estudiante japonés de ELE: una adecuada sinergia, será abierta a todo el público y se celebrará en la Universidad Sofía (sala 6-305, edificio 6, 3ª planta, de 15:30 a 17:30).



CANELA(日本・スペイン・ラテンアメリカ学会)第29回大会(2017年5月27日)において行ったワークショップで使用した発表ファイルをシェアいたします。GIDE例会、およびTADESKA主催による「第8回関西スペイン語教師の集い」(2017年2月18日)におけるワークショップで発表された内容をまとめたものです。

TADESKAでのワークショップでは、GIDEが提唱する文法教育の方法と日本で伝統的に行われてきている方法について非常に実り多い議論が交わされました。この発表ファイルには、そこで生じた考えが一部反映されています。議論が継続され、若い教師の養成とベテラン教師の内省につながることを期待します(コンチャ・モレノ)。


発表ファイル(ppt版)のダウンロードはここをクリックしてください。

2017年5月26日にLeyre Alejaldre氏(タイ・マヒドル大学)によるワークショップ『ELEのエコロジー:ELE教育におけるコンテクストの重要性』が開催されました。ELEの指導・学習においてコンテクストがどのように影響するかがテーマで、コンテクストが異なる際に方法論や教材の干渉を避けるべき主な理由が説明されました。また、グローバル化した世界では、その世界に関する知識を活用し、教育機関の地域的特性に合致した指導・学習を提供する必要があると主張されました。"Global thinking, local teaching" (Berman, 1995).


2017年2月2日にMaría Méndez Santos氏(愛知県立大学)によるワークショップ『ネジをもう一回し 情意的語彙指導』が開催されました。


2016年11月11, 12, 18日にMar Galindo氏(スペイン・アリカンテ大学)によるワークショップが行われました。

このリンクで各ワークショップの要約がご覧になれます。





2016年1月23日に『“Materiales, estrategias y recursos para la enseñanza del español como 2/L” を読む会(その7)―科研費プロジェクト『学習のめやす』に沿った教室活動例の作成をめざして』が、著者であるコンチャ・モレノ氏を進行役として開催されました。以下のリンクから、当日扱われたテーマの一部と使用されたpptファイルをご覧いただけます。リンク


皆さんのご要望にしたがって、19日の読書会で使用したPPTをアップしました。当日のコメントや議論は載せていませんが、皆さんのお役に立てることを願います。出席者の皆さん、ありがとうございました。(コンチャ・モレーノ)

Materiales, estrategias y recursos (presentación en PowerPoint)


2014年12月13日に『“Materiales, estrategias y recursos para la enseñanza del español como 2/L” を読む会(その6)―科研費プロジェクト『学習のめやす』に沿った教室活動例の作成をめざして』が、著者であるコンチャ・モレノ氏を進行役として開催されました。


11月15日にTodoeleの提供で教室での文法の扱いについてのバーチャルラウンドテーブルが行われました。

GIDEからはコンチャ・モレノが参加しました。以下のリンクでラウンドテーブルのビデオをご覧いただけます。ここでの議論は教室での文法の役割を考えるのに役立つと思われますので、是非ご覧ください。